6/6指揮出演(東京)に備えクロアチア・ザグレブ訪問(2)−音楽インスティテュートと作曲家協会

金曜の朝、クロアチア音楽インスティテュートに着き、ベルサの総譜は難なく購入。ライブラリアンにも会う事ができました。

クロアチア音楽インスティテュートのナダ・ベツィックさん

しかしパパンドプーロのシンフォニエッタの出版はここではないと! はて・・出版社情報はクロアチアでは尻取りゲームのように変わるもんなんですね。

「素敵なホールを見せたいのだけれど、今、残念な事に使用中です」というので、夕方舞い戻れそうなら連絡すると言って、一旦おいとましました。

ダヴォルに会わないと! 昼過ぎだけど、音楽情報センターに一か八か戻ってみる事に。残念ながら昼休みで殆ど誰も居ず、「ダヴォルのWhatsappがさっきサインオンだったわよ」と教えてもらうも、返事はすぐには無し。

その代わり、ベルサの楽譜の事を教えてくれたクロアチア作曲家協会の人から、私のお礼メールへの返事が来ました。Helloを言いに行っていいか聞いていたのですが Welcome! の返事が来たので、13時過ぎ、空腹のままだけど行ってみる事に。

クロアチア作曲家協会にて
クロアチア作曲家協会にて

クロアチア作曲家協会のイェリツァ・ボーイッチさん

イェリツァさんのビューローはこんな感じ。過去の素敵なコンサートポスターがいくつも飾ってあります。

イェリツァさん「私の同僚、ダヴォール・メルカシュを紹介します。」
えっ? そのダヴォルって・・??

右側が遂に会えたダヴォル・メルカシュさん

まさしく探していた、今日はまだウィーンとかいうダヴォルさんではありませんか。あぁびっくり。どうしてここに?
・・なるほど、皆掛け持ちでいろんなところに所属が。

ダヴォル「昼ごはんまだなんだ。魚を食べに行かないかい?」
そりゃ喜んで。結果オーライなところはフランスと似ている。(つづく)

■公演詳細:
日本クロアチア音楽協会 第16回例会

「クロアチアの古典音楽と新古典主義音楽」

2019年6月6日(木)19:00開演(30分前開場)
五反田文化センター音楽ホール(250席・東京都品川区西五反田6-5-1)
 J R 山手線・都営浅草線「五反田駅」徒歩15分
 東急池上線 「大崎広小路駅」徒歩10分
 東急目黑線「不動前駅」徒歩7分

○ご予約:
paymo(手数料なしでおすすめ!)、
プロアルテムジケ tel.03-3943-6677

paymoは当日も残席有無確認・ご予約が可能です。
又は私のバックオフィス: e.cordiale(アットマーク)gmail.com
      電話:050-5858-1845(スタッフ携帯に繋がります)

■曲目:
◇ ルカ・ソルコチェヴィッチ(1734-1789): 交響曲 第4番 へ長調 & 第6番 ニ長調(本邦初演)
◇ W.A.モーツァルト: ピアノ協奏曲 第9番「ジュノム」変ホ長調 K.271
ー休憩ー
◇ ボリス・パパンドプーロ(1906-1991): シンフォニエッタ(本邦初演)

■出演:
指揮:長谷川ゆき
ピアノ:安達朋博
コンサートマスター:本郷幸子
管弦楽:モスト室内管弦楽団(プロ)

FBイベントページはこちらです。↓ご来場お待ち申し上げております。

スポンサーリンク