3/1リサイタル、後半のブラームスとベートーヴェン

こんにちは 長谷川ゆきです。

連休はいかがお過ごしですか。
少し暖かくなりましたね!

さて、プログラム後半ですが、

◎ブラームス: 4つの小品 op.119

ブラームスの小品集の中で一番バランスが取れているように思い、気に入っています。ブラームスの保養地、オーストリアのペルチャッハで行われているブラームス国際コンクールの一次予選の自由曲にこの第1曲と第2曲を選びました。世にも地味な選択ではありましたが通過する事ができました。

ペルチャッハはブラームスの交響曲第2番が作曲されたところで、暖かい光が心地よい風光明媚なところでした。

この時審査員にいらしたのがアレクサンダー・イエンナー先生で、後にマスタークラスに参加させて頂くようになり、次の曲ベートーヴェンで大きな影響を受けました。

◎ベートーヴェン: ピアノ・ソナタ 変イ長調 op.110

この曲はいろいろな人から私に似合いそうなレパートリーと言われて来ましたが、取り組んだのは割と遅く、2008年だったか、パリ・チェコ文化会館主催のリサイタルのためだったと思います。ドイツの雪深い講習会で最初に人前に出した覚えがあります。

↑ドイツ・ハウス・マルトーのマスタークラスでアルヌルフ・フォン・アルニム先生と。

実は、この2曲を秋から冬頃に東京でいつか弾きたいとずっと思っていました。ところが、秋は室内楽の機会が多かったりして何年も経ってしまいました。今度のコンサートは春ですが、まあ、いいかな? と入れてみました。似合うお天気になるといいなと思います、大雪でも困りますが・・。

ご来場お待ちしておりますm(_ _)m

■公演詳細:

「長谷川ゆきピアノリサイタル~管弦楽・オペラ作品とともに~」


2018年3月1日(木)19:30開演(30分前開場)
紀尾井町サロンホール(東京都千代田区紀尾井町3-29 紀尾井町アークビル1F)


東京メトロ有楽町線「麹町」「永田町」駅より徒歩約4分

○ご予約:

チケットぴあ tel.0570-02-9999 [Pコード:102116]、

paymo(手数料なしでおすすめ!)、

プロアルテムジケ tel.03-3943-6677

ピアノと指揮をやっています。
国立音楽大学ピアノ科、パリ市立高等音楽院室内楽研究科、作曲書法科、管弦楽法科、ミラノ市立クラウディオ・アバド音楽院オーケストラ指揮専攻科修了。 www.yukihasegawa.com

スポンサーリンク